top of page
  • mylabo1

経営コンサルタントとして

更新日:2023年3月30日

 企業に対して、経営戦略、組織・人事戦略、マーケティング、業務改善などを提案し、その実現へ向けてアドバイスや支援をする。  経営コンサルタントの仕事の範囲は広く、相談・診断・調査・企画・支援・教育訓練などが含まれ、IT化や経済のグローバル化が進展する中、経営上の様々な問題を経営者や現場の社員とともに解決していく。  仕事の流れとしては、まず、経営課題について経営者をはじめ各層の社員から情報を収集し、整理する。また、取引先を含めた関係者と話し合いの場を持ち、現場視察を行って実態を把握する。収集した定量面・定性面のデータを分析し、課題を明らかにするとともに、報告書等にまとめ、経営戦略、組織・人事戦略、業務改善等の課題解決策を経営者等に提案する。提案が会社から承認されたら、その方針に沿った具体的な計画やマニュアルを作成したり、方針が実現されるよう従業員に対する研修を行う。その後、改革や改善が適切に実施されているか、現場での視察や聞き取りを行い、経営が改善されるよう支援やアドバイスを続けていく。  企業のM&A、知的所有権の活用、技術マネジメント、人材育成など専門性が高いサービスについては、中小企業診断士や公認会計士、弁理士、弁護士、社会保険労務士などの専門家とチームを組んで業務を行うこともある。  また、経営コンサルタントの仕事として、IT技術を用い業務改革、企業の海外事業戦略の立案、生産性の向上に関するコンサルティング等が、最近では注目されている。




経営戦略

近い将来を想定した方向性を持つ事は、健全な事業へと発展させる土台となります。

無駄とならない目標を持つ事と、経営者として出来る事から積み上げていく戦略は欠くてならないスキルとなります。このノウハウの詰まったスキルを育てましょう。


収益性の改善(経費の有効活用)

売り上げ、事業パフォーマンスに見合った費用を徹底的に見直しができる仕組みを提供いたします。始めるには、ダッシュボードから Wix Owner アプリをダウンロードしてください。


課税所得の適正化

得られた利益を有効活用を目指して、課税所得を抑制し、税金となるリソースを、事業発展に、活用する。3つの点のアイコン( ⠇)をクリックすると、すべてのアクションが表示されます。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page